表示文字サイズ変更 小さく 通常 大きく
会員専用ページログイン
川口市医師会のご案内 病院・医院紹介 新規開業者へのご案内 健康情報 救急情報 検診情報
健康講話

2011年の記事

2011/03/ 2

ロコモティブシンドローム(運動器不安定症)について

 
                                        川口医師会整形外科部会
                                    井上整形外科 院長 井上 道夫

近年、メタボリックシンドロームが注目を受けて、しきりにメタボの健診を市町村や健康保険組合から健康診査の用紙が送られてきます。実は、整形外科ではいまロコモティブシンドロームに、日本整形外科学会を中心に対策を進めております。

 まず、ロコモティブとは運動器ということです。運動器とは身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靭帯、骨、関節、神経、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官の機能的連合のことを言います。運動器の障害のために要介護となる危険性の高い状態を「ロコモティブシンドローム」と呼んで、その自己点検法や予防法を開発しようと提言されました。

ロコモティブシンドロームをきたす疾患として
脊椎圧迫骨折および脊椎の変形(亀背、高度腰椎後彎、側彎)
下肢の骨折(大腿骨頸部骨折)
骨祖鬆症
変形性関節症(股関節、膝関節)
腰部脊椎管狭窄症
関節リウマチ
下肢の切断
など上記の疾患が現在または過去にあり、かつ機能評価基準の自立度または運動機能の低下を示すものとされております。

機能評価基準
 日常生活自立度 ランクJまたはA(要支援+要介護1,2)
運動機能 1) 開眼片脚起立時間 15秒未満
     2) 3m Time up and go test 11秒以上
(2006年4月日本整形外科学会日本運動器リハビリテーション学会、日本臨床整形外科医会の連盟で発表)
 
運動器障害による介護
 上記の疾患により介護や寝たきりが問題になっています。要介護者の数はこの6年間で約2倍となり450万人に達しています。運動器の障害はそのうち5分の1を占めており、脳血管疾患と並ぶ2大原
因となっております。

運動器障害の重複
高齢者で問題になるのは、その患者数が多いだけではなく、上記疾患のように一人で複数の運動疾患を持っているということです。このために、1つの疾患によって他の疾患が誘発されてしまい、歩行障害をきたしていくという負の連鎖になっていく可能性が高いということです
 たとえば、右膝が痛いためにかばいながら歩行しているうちに、今度は左ひざが痛くなりそのうち腰まで痛くなっていくということがあります。これを予防するには、早期に的確な診断をして早目に治療を行い、負の連鎖にならないようにしなくてはいけません。

 
 
2011/02/ 2

突発性難聴

 
                                        川口医師会耳鼻科部会会長
                                  谷崎耳鼻咽喉科医院 院長 谷崎 浩一

この病名を聞いた事がありますか。ある日突然に何の前ぶれもなく、通常片側の耳の聞こえが悪くなる病気です。ヒトの耳を外耳、中耳、内耳と3つに分けた時、最も内側にあたる内耳の異常が原因と言われています。かつては中後年の女性に多く見られましたが、最近では若い方や男性も多く、年齢や性別においての差は無くなって来ています。原因は未だ不明であり、内耳の血流障害説、ウイルスによる炎症説、の2つが主に言われていますがはっきりとした事はわかっていません。

「突発性難聴」の難聴のタイプはさまざまです。片側だけに起こる事が多く、耳鳴りや耳閉感を伴い、時に一過性のめまいを起こします。早期発見、治療が非常に大切で2週間~1ヶ月を過ぎると治りずらくなります。種々の内服(ステロイド剤、血流改善剤、代謝促進剤、安定剤等)を用いますが程度により点滴や入院加療を行います。高圧酸素療法、星状神経節ブロック注射などの方法を用いる事もあります。完治するのはおよそ3分の1、改善はするが症状が残る例が3分の1、改善の難しい例が3分の1と言われています。
また「低音障害型感音難聴」と言う、最近注目されている症状の似たタイプの難聴があります。違いをあげると、

      
突発性難聴      低音障害型感音難聴
通常再発はしない    再発する事も多い
難聴の症状が多い    耳閉感が多い 
めまいを伴う事あり    めまいは無い
    
       
などです。しかしこれらの事は絶対的ではありませんし、類似疾患も他にあります(メニエール病、外リンパ瘻「ろう」、聴神経腫瘍など)。

繰り返しますが早期治療開始が治癒の可能性を高めます。すぐに耳鼻咽喉科を受診する様にして下さい。

「原因不明の突然の難聴には注意を!」

 
 
2011/01/ 4

足の皮膚病

川口医師会皮膚科部会副会長
済生会川口総合病院皮膚科主任部長 加藤卓朗

足の皮膚病は健康を損ない、本人のみならず他の人にも多くの問題を起こします。具体的には、痒み・痛みのため日常生活に支障をきたす、悪化すると歩行障害の原因になる、抵抗力が低下した人では脚の切断に至る危険もある、さらに水虫を他の人へうつすなどです。

本稿では頻度の多い足の皮膚病(今回は爪を除く)を解説します。

足の皮膚病は、皮膚感染症、感染以外の機序による炎症性の病気、角化症、皮膚腫瘍、その他に分けられます。
皮膚感染症の原因は、細菌、ウイルス、真菌(かび)、虫などです。足で重要な細菌感染症は、蜂窩織炎(ホウカシキエン)です。
発熱と痛みのある皮膚の発赤と腫れで、糖尿病や下肢の循環障害があると発症・重症化しやすいです。抗生剤の内服や点滴を行います。
足に多いウイルス感染症は足底疣贅(ユウゼイ)(いぼ)で、皮膚の表面がざらざらして硬く厚くなります。冷凍治療を何度も行う必要があります。
真菌感染症では水虫が問題です。症状は、痒み、指間のじくじく、足底の水疱、かかとが硬く厚くなるなどです。顕微鏡検査で診断し、外用治療が基本ですが、内服薬を用いることもあります。

感染以外の機序による炎症性の病気は、接触皮膚炎(かぶれ)、掌蹠膿疱症(ショウセキノウホウショウ)などです。
接触皮膚炎は痒みのある紅斑や水疱で、ステロイド薬の外用を行いますが、原因の中止が必要です。掌蹠膿疱症は手足に膿疱が多発し、ステロイド薬やビタミンD3薬の外用を行いますが難治性です。

皮膚が硬くなる角化症で足に多いのは胼胝(ベンチ)(たこ)と鶏眼(ケイガン)(うおのめ)です。胼胝は隆起性に厚くなり、痛みは軽度で、硬い部分を削ります。鶏眼は中央が眼のようになり、強い痛みがあります。眼の部分を削りますが、再発が多いです。

さらに皮膚腫瘍では皮膚がん、悪性黒色腫に注意が必要で、その他にやけど、けが、糖尿病患者さんでは壊疽(エソ)が問題になります。

 
 
1