表示文字サイズ変更 小さく 通常 大きく
会員専用ページログイン
川口市医師会のご案内 病院・医院紹介 新規開業者へのご案内 健康情報 救急情報 検診情報
ホーム > 健康情報 > 健康講話

健康講話

2011/03/ 2

ロコモティブシンドローム(運動器不安定症)について

 
                                        川口医師会整形外科部会
                                    井上整形外科 院長 井上 道夫

近年、メタボリックシンドロームが注目を受けて、しきりにメタボの健診を市町村や健康保険組合から健康診査の用紙が送られてきます。実は、整形外科ではいまロコモティブシンドロームに、日本整形外科学会を中心に対策を進めております。

 まず、ロコモティブとは運動器ということです。運動器とは身体活動を担う筋・骨格・神経系の総称であり、筋肉、腱、靭帯、骨、関節、神経、脈管系などの身体運動に関わるいろいろな組織・器官の機能的連合のことを言います。運動器の障害のために要介護となる危険性の高い状態を「ロコモティブシンドローム」と呼んで、その自己点検法や予防法を開発しようと提言されました。

ロコモティブシンドロームをきたす疾患として
脊椎圧迫骨折および脊椎の変形(亀背、高度腰椎後彎、側彎)
下肢の骨折(大腿骨頸部骨折)
骨祖鬆症
変形性関節症(股関節、膝関節)
腰部脊椎管狭窄症
関節リウマチ
下肢の切断
など上記の疾患が現在または過去にあり、かつ機能評価基準の自立度または運動機能の低下を示すものとされております。

機能評価基準
 日常生活自立度 ランクJまたはA(要支援+要介護1,2)
運動機能 1) 開眼片脚起立時間 15秒未満
     2) 3m Time up and go test 11秒以上
(2006年4月日本整形外科学会日本運動器リハビリテーション学会、日本臨床整形外科医会の連盟で発表)
 
運動器障害による介護
 上記の疾患により介護や寝たきりが問題になっています。要介護者の数はこの6年間で約2倍となり450万人に達しています。運動器の障害はそのうち5分の1を占めており、脳血管疾患と並ぶ2大原
因となっております。

運動器障害の重複
高齢者で問題になるのは、その患者数が多いだけではなく、上記疾患のように一人で複数の運動疾患を持っているということです。このために、1つの疾患によって他の疾患が誘発されてしまい、歩行障害をきたしていくという負の連鎖になっていく可能性が高いということです
 たとえば、右膝が痛いためにかばいながら歩行しているうちに、今度は左ひざが痛くなりそのうち腰まで痛くなっていくということがあります。これを予防するには、早期に的確な診断をして早目に治療を行い、負の連鎖にならないようにしなくてはいけません。